生スピルリナの特徴、効果について

###Site Name###

生スピルリナには、数多くの栄養素が含まれています。

成分としては、バリンやロイシン、イソロイシンなどの必須アミノ酸を含む、様々な種類のアミノ酸、また、ビタミンAやビタミンE、ビタミンB群などのビタミン類、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル類、リノール酸、γリノレン酸などの脂質類、グリコーゲンや、キシロースなどの糖類、ペクチンなどの食物繊維、フィコシアニンやβ‐カロテンなどの色素類を含んでいます。



その成分の中でも、特徴的なものは、γリノレン酸とよばれる、脂肪酸で、これは、体の代謝を良くし、例えば、アトピー性皮膚炎に対して、その改善効果があります。
また、色素として含まれている、フィコシアニンについてですが、これは、スピルリナ特有の青い色素成分であり、他の食材から摂取することは難しいと言われています。

All Aboutの専門技術を身につけましょう。

フィコシアニンの効果としては、体が酸化することを防ぐ、抗酸化作用、また、肝臓の機能を守る作用もあり、解毒効果があるとされています。
その他、アレルギー反応を抑制する作用もある、ということが分かっています。

生スピルリナの摂取方法も様々ですが、普段の食事の中で、例えば、野菜ジュースに混ぜて飲んだり、ヨーグルトにかけて摂取するのも良いでしょう。

また、ドレッシングに混ぜて、サラダなどと一緒に摂取すれば、その栄養効果はより高くなると言えます。栄養素の豊富な生スピルリナを普段の食事に取り入れることができれば、健康的に毎日を過ごせます。

生スピルリナ情報のお得な利用法をお教えします。