スピルリナの特徴とは

###Site Name###

藻の仲間であるスピルリナは生命力が強く、熱帯地方の湖に生息していることが多いです。

通常、藻は野菜と成分が似ていますが、スピルリナはたんぱく質を多く含み、緑黄色野菜や淡色野菜には含まれないビタミンB12も含まれています。



スピルリナの特徴としては、葉緑素であるクロロフィルやβカロテンが豊富、食物繊維を5%ほど含有、鉄分、カルシウム、マグネシウムなどミネラル分が多い、良質なたんぱく質が豊富、ガンマリノレン酸を含む、消化吸収率が95%と高い、とうことがあげられます。鉄分に関してはレバーよりも多く、貧血予防や改善に効果があります。βカロテンは少量で1日の摂取目安量をとることができるので、がんや脳卒中、心臓病など生活習慣病の予防にも効果があります。

また、スピルリナはアルカリ性です。

ビジネスジャーナルのお得情報を公開します。

人間の体は弱アルカリ性ですが、食生活や生活習慣が乱れてしまうと身体は酸性になってしまい、風邪や様々な感染症にかかりやすくなります。

スピルリナを初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

摂取することにより、アルカリ性に戻そうとするため細胞が活性化し、免疫力が向上します。
この他、フィコシアニンと呼ばれる成分が炎症を抑制する働きがあります。

アトピーやアレルギー性鼻炎など様々なアレルギーの症状を緩和します。

スピルリナは体内で作ることのできない9種類のアミノ酸がすべて含まれています。

消化吸収率もよく、摂取後約2時間ほどで消化されてしまうので、成分が壊れる前に体内に取り入れることができます。