日本人はあまり食べないスーパーフード

###Site Name###

スーパーフードとして馴染みがない食べ物はパセリです。

日本では料理に彩を与える食べ物というイメージが強く、添えるだけで食べない人も多いです。



実際料理に添えられているパセリを食べないのは全体の8割以上で、食感や苦味が不評です。


日本で使われるのはモスカールドパセリで、欧米では食べやすいイタリアンパセリを用いるので食べる習慣が根付いています。パセリがスーパーフードだったのは昔からで、古代エジプトでは泌尿器系の薬でした。

古代ローマ人は食用としてパセリを扱ったとされますが、妊婦が食べると生まれる子供が病弱になるという言い伝えがあり、妊婦からは嫌われていました。
しかし8世紀~9世紀にはローマで最も利用されたハーブとしてパセリはスーパーフードの名誉を回復しました。


パセリにはクロロフィルとβカロテン、ビタミンC、ビタミンEが含まれているので、抗酸化作用に優れています。

エキサイトニュースの基本知識を紹介しています。

その効果の高さはワインやチョコレートを超えています。

ポリフェノールの中にはゼアキサンチンやルテインといった眼精疲労を改善する成分も含まれています。
パソコンやスマートフォンから出るブルーライトを吸収する作用もあるので、黄斑変性が予防でき現代人に欠かせない栄養素です。


アピインは神経系の興奮を抑えることでイライラや頭痛を改善し、アピゲニンは脳の生成を促進するシナプスの働きをサポートするので、神経変性疾患や統合失調症の治療に応用できないかと研究されています。

スーパーフードについて補足説明いたします。